帰納的推論と演ductive的推論の主な違いは、帰納的推論が特定の前提から一般的な結論に進む一方で、演ductive的推論が一般的な前提から特定の結論に進むことです。

推論とは、関連するすべての事実について考えた後に論理的な結論に達するプロセスです。 推論には2つのタイプがあります。 それらは帰納的推論と演ductive的推論です。 前者は特定の観察から一般化を導き出すプロセスを指し、後者は一般的な記述/観察から特定の結論を引き出すプロセスを指します。 この側面の前提は、結論を支持または支援する命題です。

内容

1.概要と重要な違い2.帰納的推論とは3.演ductive的推論とは4.並列比較–表形式の帰納的推論と演ductive的推論5.概要

帰納的推論とは何ですか?

帰納的推論は、特定の結論を得るために複数の前提(ほとんどすべてが真であると信じられているか、ほとんどの場合真であると考えられる)を組み合わせる論理プロセスです。 言い換えれば、それは特定の観察から一般化を導き出すことを指します。 ボトムアップ推論と原因と結果の推論は、帰納的推論も指します。 このタイプの推論は、通常、意味のあるパターンとつながりを認識する人の能力に基づいています。

たとえば、友人が魚介類を食べると唇が腫れ始めたことを観察したとします。 これに何度か気づきました。 次に、彼女は魚介類にアレルギーがあるという結論に達します。 あなたは帰納的プロセスのプロセスを通してこの結論を導き出しました。 まず、観測を通じてデータを取得し、次に一般化に到達しました。 ただし、帰納的推論は絶対的な確実性につながることはありません。 サポートのために提供された例によると、主張はそうでないよりも真実である可能性が高いと言うことができます。

あなたの結論が信頼できるものであるためには、考慮することが重要です、


  • データの品質と量追加データの存在必要な追加情報の関連性追加可能な説明の存在

演ductive的推論とは何ですか?

演ductive的推論(トップダウン推論)は、一般的に真であると想定される複数の前提の一致に基づいて結論が下される論理プロセスです。 このタイプの推論には、一般的なステートメント(前提)から特定の結論を引き出すことが含まれます。

以下は、演ductive的推論を使用した引数の例です。


  1. すべての馬にはたてがみがありますサラブレッドは馬です。したがって、サラブレッドにはたてがみがあります。

この種の推論は、三段論法として知られています。 最初の前提では、「馬」として分類されたすべてのオブジェクトには「たてがみ」という属性があります。 2番目の前提では、「サラブレッド」は「馬」に分類されます。 次に、結論は、「サラブレッド」は「馬」としての分類からこの属性を継承するため、「たてがみ」を持たなければならないと述べています。

帰納的推論と演ductive的推論の違いは何ですか?

帰納的推論は、複数の前提を組み合わせて特定の結論を得る論理プロセスです。 一方、演ductive的推論は、帰納的推論の反対です。 これには、複数の施設の一致に基づいて結論を出すことが含まれます。 最も重要なこととして、帰納的推論は特定の前提から一般的な結論に移行し、演ductive的推論は一般的な前提から特定の結論に移行します。 これが帰納的推論と演ductive的推論の主な違いです。

さらに、演ductive的推論では、前提が真であれば結論が有効であることを証明できます。 ただし、帰納的推論では、議論が強く、前提が正しい場合でも、結論が不正確になる場合があります。

表形式の帰納的推論と演De的推論の違い

まとめ–帰納的推論と演ductive的推論

帰納的推論と演ductive的推論は、2つの対照的な推論方法です。 帰納的推論は、特定の観察から一般化を導き出す論理プロセスを指し、演ductive的推論は、一般的なステートメント/観察から特定の結論を引き出す論理プロセスを指します。 これが帰納的推論と演ductive的推論の主な違いです。

参照:

1.「演ductive的推論とは? – WhatIs.comからの定義。」 WhatIs.com。 ここから入手可能2.「帰納的推論とは? – WhatIs.comからの定義。」 WhatIs.com。 ここから入手可能

画像提供:

1.英語版ウィキブックスでの「推論」、コモンズウィキメディア経由(CC BY-SA 3.0)