博士対修士

大学に進み、学士号を取得する人はたくさんいます。それだけです。 彼らは仕事を見つけた後、彼らの研究を完了し、その後、より高い研究を追求する時間を全く見つけません。 しかし、より高い研究を追求することを目的とする人々にとって、彼らが選択した研究分野で修士号を取得すべきか、博士号を取得すべきかについて、ある種のジレンマがあります。 どちらも大学院の学位ですが、まったく異なる考え方で行われます。 修士号は博士号とは多くの点で異なりますが、この記事では、より高い研究を希望する人たちが心を決められるように、できるだけ多くの違いを強調しようとしています。

修士号

修士号は、選択した科目の知識を広げるため、学士号を取得した多くの学生にとって自然なステップです。 ほとんどの国では、ほとんどが理論的な2〜3年制のコースであり、ここでは何らかの論文の発表とともにいくつかの実践的な作業が考えられます。 修士号はすべての分野で必須というわけではなく、その価値と重要性はほとんどありません。 たとえば、工学分野では、修士号はそれほど重要ではなく、BTechである大学院レベルの学位を取得すれば、学生の将来は確保されます。 一方、修士号は経営学や医療などの分野での専門的な成功に不可欠であり、学生はこれら2つの分野でMBAとMSを取得しなければ、多くを達成することは望めません。 あなたの目標がまともな仕事であり、選択した分野で魅力的なキャリアである場合、修士号を取得することはあなたにとって良い選択肢かもしれません。

博士号

選択した科目を愛し、その分野で何か新しいことをしたい人にとって、博士号は科目の知識を広げるだけでなく、大学での教育キャリアを始めるための出発点を提供する良いプラットフォームです大学。 博士号は修士レベルでより高度な学位であると考えられており、博士号を取得する人は通常、職業を教えることに注目しています。

博士号は修士号よりもはるかに長くかかります。2〜3年のコースワークと、3〜4年で論文を完成させ、選択した科目の医師になるために提出するためです。 博士号には独自の研究が含まれており、これが非常に多くの助成金や補助金を集めている理由です。 大学レベルの助成金のほとんどは博士号です。 博士号取得者には、研究期間中に奨学金が支給されます。これは、研究活動を続けるインセンティブです。