かゆみ対スクラッチ


答え 1:

同じ理由で「これは修正する必要がある」と人々は言う。 そして「私は第三の輪になりたくない」

彼らは間違っているからです。

「かゆみ」は受動動詞です。 「スクラッチ」は活発な動詞です。 「落下」と「落下」のようなものです。 「武器を落として、手を挙げて出て行け!」とは言わない。

「かゆみ」と「転倒」は何かに起こり得ることです。

「私の足はかゆみます。」 「葉が落ちることがある。」

「スクラッチ」と「ドロップ」は、誰かまたは何か他のものによって何かに対して積極的に行われるものです。

「足を引っかく。」 「ボールを落とす。」

「足がかゆいので引っかきます。」 「ボールを落としたので落ちた」

典型的な英語の文法の免責事項:常に例外があります。

「新年にはボールが落ちるのを見ました。」 「木こりはレッドウッドを倒した。」